骨董アンティーク 大人がハマるホビー 高額査定の買取コム

着物 洋食器 骨董 大人の趣味の査定買取はお任せ下さい。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アンティーク買取コムの05/05 | main | アンティーク買取コムの05/06 >>

【JBL 4344】JBLスピーカー ☆買取コム

0
    こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

    今回はJBL 4344】JBLスピーカーです。
    4343Bの後継機として開発されたスピーカーシステム。

    4344は1982年〜1983年前期までと1983年以降で一部の使用されているユニットが異なります。
    中高域のドライバーユニットは前期は2421Bが使用され、後期は2425Jが使用されています。また、高域のホーン型トゥイーターは前期は2405、後期は2405Hが使用されています。

    低域には38cmコーン型ウーファーである2235Hを搭載しています。
    このユニットには、低歪率なSFG磁気回路や、ハイコンプライアンス・エッジの強靭なコーン、巻き幅19mmのロングボイスコイル、強化サスペンションなどの2234Hと共通の基本設計を採用しており、低歪率・高耐入力特性を実現しています。
    また、2235Hでは振動系にマスコントロールリングが付加されており、これによってfoを下げるとともに振動系基部の剛性を高め、ローエンドの再生能力を2234Hよりもさらに拡大しています。

    中低域には25cmコーン型ミッドウーファーである2122Hを搭載しています。
    このユニットはフリーエア・レゾナンスが35Hzと低いため、小容積のキャビティでよく伸びた低域特性を得る事ができます。また、インピーダンスの上昇も少ないため、低い周波数でも正確なクロスオーバーが可能です。さらに、使用帯域外のブレークアップ歪も極めて少ないという特徴を持っています。

    中高域には音響レンズ2308とホーン2307とドライバーユニットを組み合わせたホーン型ミッドレンジを搭載しています。
    ドライバーは、前期には高域特性が改善されたドライバー2421Bが使用されていました。
    後期採用されたドライバー2425Jは、空気圧成型のピュアチタンダイアフラムを採用しており、滑らかなワイドレスポンスと高信頼性を得ています。ピュアチタンはアルミのような金属疲労限界が無く、オーバードライブされない限り半永久的に使用できるというメリットを持っています。さらに、JBL独自のダイヤモンドサスペンションや純銀製インピーダンスコントロールリングと相まって、ハイエンドまで優れたクオリティと高出力が得られています。なお、型番末尾のJはインピーダンスタイプの表記で、2425Jは16Ωタイプとなっています。
    2308/2307は、スロート径2.5cmのドライバーと組み合わせて使用するホーンレンズで、適合ドライバーの相違を除けば2311/2308と同等の性能を持っており、バッフルへのマウント寸法やクロスオーバー周波数も同じとなっています。このホーン/レンズは横幅30cm×高さ30cm以上のバッフルに取り付けた場合、水平80゜×垂直45゜の指向性が得られます。
    スラントプレート2308は、付属のマジックテープによってバッフルの前面に固定しています。

    高域にはホーン型トゥイーターを搭載しています。
    ユニットは、前期は2405、後期は2405Hが使用されています。このホーントゥイーターはワイドレンジなスタジオモニター用に開発されたディフラクションホーントゥイーターで、JBLの伝統的な高能率・高耐入力特性を継承しながら、21.5kHzに達するリニア・レスポンスと、水平140゜×垂直40゜(10kHz)の指向性を実現しています。

    4345がバイアンプ駆動で真価を発揮する設計なのに対し、4344は内蔵ネットワークによって十分な性能を得られるよう設計されています。

    エンクロージャーは縦置き使用が想定された設計となっており、左右対称なユニットレイアウトを採用しています。
    左右のトゥイーターを外側にするか内側にするかについては、両システム間の距離や部屋の形状に応じて自由に決定することができます。

    ご自宅に、JBL等有名メーカーの音響機器が御座いましたら、
    ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
    高価現金買取させていただきます!




    筆:S
    【火曜】大人の音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    トラックバックURL
    http://antiquebuy.jugem.jp/trackback/796
    トラックバック