骨董アンティーク 大人がハマるホビー 高額査定の買取コム

着物 洋食器 骨董 大人の趣味の査定買取はお任せ下さい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【古の時計】アシェット・コレクションズ・ジャパン ☆買取コム

0
    こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

    今回は古の時計】アシェット・コレクションズ・ジャパンです。

    ご自宅に、コレクションブックシリーズ等御座いましたら、
    ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
    高価現金買取させていただきます!




    筆:S
    【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    【テレホンカード】 ☆買取コム

    0
      こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

      今回はテレホンカードです。

      多種多様なカード表面のデザインが存在するため、発行当初からコレクターズアイテムとしてのポジションも確立した。
      テレホンカード全盛の頃は、電電公社時代に発売されたり、限定品など希少性のあるもの(使用済カードも含めて)、
      人気タレントのテレホンカードなどは、50度数(使用済カードも含む)でも数十万円もの価格で取引された時期もある。
      テレホンカード毎の時価が記載されたコレクター向けの雑誌やカタログなども多数発行された。

      また、コレクターの団体も各地に発足し、コレクター間の情報交換やテレホンカードの交換・授受の場としても利用された。
      東京都を拠点とする「テレカ収集協会」は、それら団体の中では最大の規模であり、毎月1回交換会を池袋で行っている。

      上記の通り、公衆電話での利用機会が激減していることもあり、現在では、プリペイドカードとしてよりもコレクターズアイテムとしての比重が高くなっている。

      実際は、一般流通以外でも販促用や関係者に配られたものも有り、高額のものは殆ど無く、
      原価割れが主流となっていますが、本当に流通枚数の少ないものは、高額鑑定になったりすることも。

      ご自宅に、超レアなテレホンカード等御座いましたら、
      ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
      高価現金買取させていただきます!




      筆:S
      【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      【ビックリマン】食玩 ☆買取コム

      0
        こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

        今回はビックリマン】食玩です。
        悪魔、天使、お守りの三つの種族が存在する三すくみ、悪魔と天使の二大勢力の争いの物語、そして各勢力を統括するヘッドの存在という独特の世界観を取り入れた10代目の悪魔VS天使シールが1985年に発売され、一大ブームを巻き起こした。
        スーパーなどではビックリマンを求める客がレジに殺到し「一人三個まで」などの購入制限がなされたことも有名である。

        この一大ブームの原因は、上記の独特の世界観のみならず、種族ごとに素材の種類やシールの封入率を変えたこと、とりわけヘッドはその名称を世界各地の神話などから取り、プリズムという他のシールには見られない豪華な素材を用いて通常のシールとの格差を際立たせたことにある。
        また、1987年に始まるアニメの放送、『小学三年生』などの学年誌や『月刊コロコロコミック』でも漫画が連載された上に特集が組まれたことも原因としてあげられる。

        しかし、ヘッドの特別扱いやシールの封入率の差は射幸心を煽る、ギャンブル要素が強いなどの指摘があり、実際にシールを目当てにビックリマンを大量に買いチョコレートだけを捨てる行為、シールの盗難や恐喝事件などが社会問題となり、PTAからの苦情もあって、公正取引委員会は「一部ヘッドシールに用いられているホログラム素材の価格がオマケとして許容される限界を超えている」「シールの封入率の格差は賭博性を疑う余地がある」という旨を指摘した。
        これに伴い、第17弾からは悪魔、天使、お守り、ヘッドの封入率を均等とし、素材格差も大幅に縮小した。
        またヘッドの枚数が12枚に増え、しかも多くの弾では発売途中でヘッドの入れ替えが行われ、ヘッドの枚数は多くの弾で24枚/弾となった。
        結果として、ヘッドの希少性、素材の特殊性は絶対的にも相対的にも大幅に損なわれた。
        それでも売上はしばらくは変化しなかったが、第25弾以降、アニメの放映終了と相俟って急激に売上が縮小し、遂に第31弾でこのシリーズは終了した。

        のべ1000体を超えるキャラクターが登場し、複雑な様相を見せる「悪魔VS天使シール」だが、ストーリーを通じて中軸に位置するのは天使ヘッドである聖フェニックス(ヘッドロココ)とそれに付き従う若神子たち。
        そして悪魔ヘッドのサタンマリア(ワンダーマリア)である。
        フェニックスと若神子は新天地である「次界」を求め、そしてマリアは彼らの行く手を阻むべく暗躍する。
        戦いの中で幾多の出会いを重ね、そして新たな勢力「曼聖羅」の参戦。
        聖魔対立の構図はいつしか形を変え、和合という思いがけない結末を迎えることとなる。

        一方、このシリーズの発売に並行して販売されていた11代目「スーパービックリマン」は当初悪魔VS天使シールのパロディの色彩が濃かったが、その後旧作と同様にアニメの放映や『月刊コロコロコミック』での特集・マンガの連載も行われ、悪魔VS天使シールの物語上の正統な後継作品としての地位を確立した。
        ホログラムの多用、近未来的な世界観など注目に値する要素はあったが、大きなブームには至らず、第10弾にて終了した。
        なお、シール・アニメ・漫画で展開が大きく異なり、シール上では結末が示されないまま終了している。

        ご自宅に、レアなトレーディングカード等御座いましたら、
        ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
        高価現金買取させていただきます!




        筆:S
        【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        【D51 蒸気機関車】デアゴスティーニ ☆買取コム

        0
          こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

          今回はD51 蒸気機関車】デアゴスティーニです。
          週刊 蒸気機関車D51をつくる 全100号完結予定

          圧倒的なスケールと重厚な存在感、迫力のD51が登場
          待望のD51本格スケールモデルが誕生待望のD51本格スケールモデルが誕生。

          「D51」は、わが国の蒸気機関車の代表と言える機関車で、蒸気機関車の代名詞として、四国を除く日本全国で活躍しました。
          本シリーズは、その「D51標準形」の重厚感そのままに圧倒的なスケールと存在感を作り上げ、楽しめるパーツ付きクラフトマガジンです。


          『週刊 蒸気機関車 D51を作る』で組み立てるのモデルは、重量感溢れる真鍮主体の金属モデルです。
          黒く塗装することで、さらにリアルに仕上げることができます。
          本体キャブ中央の「焚き口」の開閉、D51の特徴である「給水温め器」など細部に至るまで忠実に再現。
          また、シリーズで組み立てる台座のスイッチ操作により、前照灯の点灯、汽笛・ブラスト音などのサウンドが鳴り響き、機関車の動輪も回転します。

          本シリーズは100号で完結します。

          ご自宅に、コレクション書簡等御座いましたら、
          ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
          高価現金買取させていただきます!




          筆:S
          【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          【ZIPPO】 ☆買取コム

          0
            こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

            今回はZIPPOです。
            1933年製、ジッポーのファースト・モデルです。
            約10年前まではジッポーのファースト・モデルは1932年製であるとされていましたが、
            資料の発見により1933年製であることが判明しました
            (それまではダイアゴナル・ラインと呼ばれるスラッシュの入ったモデルが1933年製の「セカンド・モデル」と呼ばれていました)。
            現存する1933年製は世界で100個以下だと言われています。

            ご自宅に、レアなZIPPO等御座いましたら、
            ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
            高価現金買取させていただきます!




            筆:S
            【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            【懐中時計】アンティークコレクション ☆買取コム

            0
              こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

              今回は懐中時計】アンティークコレクションです。
              丈夫さとかさばらない手頃な大きさの懐中時計は腕時計が登場するまでは携帯時計の代表として長い間、世界中で使用されてきた。
              多くの場合文字盤はアナログ式で鎖や組紐などで竜頭のフック部と衣服を結着して落下を防止し時計本体は衣服のポケットに収納して携帯するようになっているものが基本形であり、大きく分けて以下のような外面上の区別がある。
              用途や製作側や愛用者の個性により竜頭の位置が12時の位置だったり、3時の位置だったり、6時の位置だったりすることがある。

              ご自宅に、アンティーク製品等御座いましたら、
              ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
              高価現金買取させていただきます!




              筆:S
              【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              【コミックマーケット】 ☆買取コム

              0
                こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                今回はコミックマーケットです。

                毎年8月(通例、8月15日頃の旧盆にかかる週末)と12月(通例、御用納め以降 - 大晦日)の年2回、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される。
                開催期間は現在では主に3日間。
                8月に開催されるものは「夏コミ」、12月に開催されるものは「冬コミ」と呼ばれる。
                2013年8月現在、開催回数は定期開催だけで84回を数える。

                コミックマーケットは回を重ねるごとに大規模化し、それに伴い一般にもその存在が広く知られるようになった。
                2013年夏に行われた「コミックマーケット84」では東京ビッグサイトを3日間借り切った状態でサークル参加者数は約3万5000スペース、一般参加者数は59万人にも上った。
                準備会がサークル参加者に提供するブース(「スペース」という単位で呼ばれる)は不足しており、いくつかの特例(用意した大量の頒布物を捌く必要性から毎回2 - 3スペース分を準備会より与えられる一部の大手サークルへの優遇など)を除いては書類審査と抽選によって選ばれる。
                応募のおよそ50 - 70%程度が当選し、残りは落選という形になる。


                コミックマーケットは世界最大の同人誌即売会であり、屋内で行われるイベント(展示会なども含む)としても最大規模を誇る。
                アメリカ最大のコミック・ポップカルチャーコンベンションである「コミコン・インターナショナル」や日本国内では「SUPER COMIC CITY」などこれに迫りつつある同人誌即売会も存在するが、コミックマーケットとの規模差は今なお大きい。
                コミックマーケットには多種多様な同人サークルが自作の物品を展示・頒布する。
                漫画・アニメ・ゲーム以外の音楽・アイドルグループのファン同人誌、ゴスロリ服やコスプレ衣装、手作りアクセサリー、同人ハードウェア、ガレージキット、人形作家による人形、教師・看護師・操縦士・鉄道員・エンジニア等の専門的職業従事者の日常が描かれたもの、またペット・ガーデニング・紅茶などの愛好家による同人誌まで現代日本の様々なサブカルチャーが一堂に集う場となっている。
                このためサークル参加者の多くが年間スケジュールをコミックマーケット開催周期に合わせており、コミックマーケット以外では同人誌の頒布を行わないというようなサークルも多数存在する。
                そのため、徹夜組や転売屋などの問題も発生している。
                1990年代後半以降では同人誌を専門に取り扱う書店の販売網拡大やインターネットの普及などにより、こうしたサークルの発行物も入手する手段が他にも増えてきており一部発行物に限って言えば会場まで足を運ばずとも入手出来る様になった。
                しかし依然としてコミックマーケットは同人サークルと参加者が一堂に会する最大級の同人イベントとして存続している。

                ご自宅に、限定配布・購入物品等御座いましたら、
                ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                高価現金買取させていただきます!




                筆:S
                【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                【X-MEN】アメコミフィギュア ☆買取コム

                0
                  こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                  今回はX-MEN】アメコミフィギュアです。
                  1963年に、原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。
                  最初はあまり人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中で最も人気のあるシリーズのひとつとなり、
                  多くの派生作品を生み出した(複雑になりすぎた設定をリセットして0から始めた『Ultimate X-Men』など)。
                  現在は同時に複数のX-MENと名の付くシリーズや主要人物のスピンオフタイトルが展開されている。
                  また、作品が続くにつれて、小説、テレビアニメ、実写映画、コンピューターゲームなど様々なメディアミックスがされた。
                  X-メンのコミックは2012年現在で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、
                  作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され1冊の売上が世界一のコミックとなり、
                  アメリカン・コミック史上第1位のベストセラーとなっている。

                  このシリーズに関わったライターやアーティストの多くが人気作家となった。

                  主人公が後天的に能力を授かるそれまでのマーヴルヒーローのアイディアとは逆転する発想で生み出された。
                  X-MENの語源はEXTRA-MEN、つまり生まれながらの超能力者を意味する。

                  ご自宅に、アメコミフィギュア等御座いましたら、
                  ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                  高価現金買取させていただきます!




                  筆:S
                  【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                  【戦艦ビスマルク】アシェット・コレクションズ・ジャパン ☆買取コム

                  0
                    こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                    今回は戦艦ビスマルク】アシェット・コレクションズ・ジャパンです。


                    ご自宅に、コレクションブックシリーズ等御座いましたら、
                    ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                    高価現金買取させていただきます!




                    筆:S
                    【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                    【マジック:ザ・ギャザリング 】TCG ☆買取コム

                    0
                      こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                      今回はマジック:ザ・ギャザリング 】TCGです。

                      1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲームであり、
                      このゲームによってトレーディングカードゲーム(TCG)というジャンルが生まれた。

                      公式にはマジック、M:tGのように略され、
                      他にもギャザなどと呼ばれる。このほか、
                      「もっともよく遊ばれているTCG」などでもギネス世界記録に認定している。

                      メインデザイナーのリチャード・ガーフィールドは、
                      このゲームを作ったヒントがボードゲームの
                      コズミック・エンカウンターにあると話している。
                      コズミック・エンカウンターの基本的なルールは簡潔なもので、
                      そのままでは単調な展開にしかならない。

                      しかし各プレイヤーはプレイ開始時点に“特殊能力”を与えられており、
                      時には基本ルールを逸脱するような特殊ルールが適用される。
                      これによってゲームの展開やバランスはプレイごとに大きく変化する。

                      マジック:ザ・ギャザリングを初めとするTCGにおいては、
                      一定の制限内で好きなようにカードを組み合わせたデッキ(山札)を各プレイヤーが用意する。
                      さらに、多くのカードが原則を破る特殊ルールを持っている。
                      これにより、コズミック・エンカウンター以上に多彩かつダイナミックな展開が実現された。

                      このゲームは発売されてから短期間の内に驚異的な人気を得て、
                      TRPG関連の新興零細メーカーに過ぎなかったウィザーズ・オブ・ザ・コースト社を一気に成長させた。
                      そしてその人気に触発されて多くのメーカーが次々とTCGを発売した結果、
                      僅か数年でTCGがゲームの一ジャンルとして確立したのである。
                      人気は他のゲームジャンル・漫画にも影響を与えた。
                      ポケットモンスター、遊☆戯☆王はこのゲームの影響を強く受けている。

                      大会形式も確立されており、世界中でトーナメントが開かれている。
                      世界中からトッププレイヤーが集結して開催されるプロツアーや世界選手権を目指し、
                      生活をマジックに捧げてまで世界を相手に競う若者も多い。
                      初めの頃は日本勢は優勝どころかベスト8すら高い壁であり、
                      良くてベスト16前後を行ったり来たりする程度であったが、
                      2001年のプロツアー東京にて藤田剛史が日本人初のベスト8入り(準優勝)を果たしたのを皮切りに、
                      日本人がどんどん世界の舞台に進出していった。
                      そしてついに2004年プロツアー神戸で黒田正城が初めて日本人初のプロツアー王者に輝く。
                      2005年シーズンでは世界選手権個人戦を森勝洋が制し、
                      日本人初の世界王者となった。
                      同時に国別対抗トーナメントでも日本代表が優勝し、
                      プレイヤー・オブ・ジ・イヤー(年間MVP)を津村健志が獲得したことで、日本が三冠を達成した。
                      また2006年世界選手権では国別対抗トーナメントこそ準優勝と三冠は逃すものの、
                      世界選手権個人戦優勝(三原槙仁)、プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(八十岡翔太)と
                      2つのタイトルを連続で日本に持ち帰ることとなった。

                      ご自宅に、トレーディングカード等御座いましたら、
                      ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                      高価現金買取させていただきます!




                      筆:S
                      【金曜】大人のコレクション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |